オールオン4は高齢の方にとって負担が少なく済む

高齢者 高齢の方が総入れ歯を使っていて、物が噛みにくい、発音がしにくくて話がしづらいなどの悩みがある場合にはインプラント治療の一種であるオールオン4という治療法を利用するのがおすすめです。
オールオン4はインプラント治療の中でも新しい方法となっており、従来のインプラント治療よりも体に負担が少なくて済むなどのメリットがあります。
オールオン4は多くの歯を失ってしまった人ならどの年代の人にでもおすすめと言えますが、特に従来のインプラント治療は体に負担がかかるため実施が難しいとされていた高齢の方にとってはオールオン4は良い選択肢となるでしょう。

何故、オールオン4は従来のインプラント治療よりも体に負担がかからないのかについて説明します。
例えば総入れ歯を使っている方が全ての歯をインプラントに変えようとした場合、従来のやり方では片アゴに対して人工歯根を10~14本ほど埋め込む必要があります。
手術時間が長くなったり術後の腫れがひどいため体に大きな負担がかかってしまうという問題点がありました。
また、人工歯根を多く埋める手術には費用もかかるというデメリットも問題でした。
しかし、オールオン4で治療を行う場合には、特殊な技術により片方のアゴに対して最少4本の人工歯根を埋めるだけで片アゴにつける人工の歯が全て支えられるようになったことが素晴らしい点です。

オールオン4でインプラント治療を行うと、従来の方法よりも手術時間が短縮され、術後の腫れも比較的少なくて済むので高齢の方でも体に負担が少ない手術を受けることが出来ます。
それに加えて、従来のインプラント治療は患者さんの骨が薄い場合には骨の移植が必要になったり、治療自体が出来ないとされることがありました。
オールオン4は多くの人に適応性があるため、骨が薄くても移植手術をせずに人工歯根を埋められる可能性が高いという利点があります。

総入れ歯を使っていて物が噛みにくかった人も、オールオン4を使って人工の歯をとりつければ、しっかりとアゴの骨に歯が固定されるので自然な歯のような噛み応えを感じることが出来るでしょう。
オールオン4なら従来の治療法で総入れ歯からインプラントに取り替えるよりも手術費用が抑えられます。
手術時間も短く、手術を受けた日に仮歯をとりつけられることで、その日から軽い食事をしたり、発音がしやすく話が上手く出来るといったメリットを感じられます。
総入れ歯での生活に不満や悩みがある高齢の方は、オールオン4でのインプラント治療が出来る歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。