安定感を持たせるならオールオン6がオススメ

歯科のイメージ インプラントの治療方法で日本人の歯科医師が造語で呼んでいるのがオールオン4とオールオン6です。
骨質の強い部分をピンポイントで埋め込み、多くの歯を支える丈夫なフレームを作ります。
骨の弱い方や骨の量が少ない方にもおすすめです。
オールオン4は4本、オールオン6は6本のインプラントを使っています。
総入れ歯の方にも残っている歯が少ない方にも安心なインプラント治療方法です。

骨造成手術とオールオン6やオールオン4を組み合わせることでダウンタイムを減らすことができます。
手術時間も即日で終了させることができます。
インプラントでは半年かけて治療を行うことも少なくなかったため、歯がない状態で過ごさなくてはならないことも少なくなく不便でした。
オールオン4とオールオン6は数時間で手術を終え、当日中に仮歯を入れることができます。
フラップレスインプラント術式は歯茎を切ったり、はがしたりすることがないので縫合や抜糸の必要がありません。
強度が強く、審美的にも優れています。

欧米人に比べて日本人は骨が薄く、骨格に合わせてインプラント手術をする必要があります。
そのためCT撮影や3D検査システムによる検査を行うための設備を導入しているクリニックがおすすめです。
オールイン4とオールイン6は日本人の骨格にあった治療方法ですが、姿勢の歪みを補正して骨格の分析を行う必要があるからです。
歯を骨格に合わせて本来の正しい位置に動かすことで顔の筋肉バランスが整い、しっかり噛む力もつきますので輪郭もきれいになり、顎の補正も可能です。
体への負担が少なく、オールオン6もオールオン4も欧米人ではすでに普及された方法ですので頑丈で安全性や安定性が高いことが証明されています。

オールオン6は日本人向けに開発された治療方法というメリットがあります。
費用相場は250万円から350万円と高額ですが、自分の歯と同じ感覚で物をかむことができます。
1本ずつで計算されるのではなく上あごや下あごなど部分全体の費用とCTやモニターなどの利用、静脈内鎮静法などの併用などがすべて加算された合計額になります。
歯を失ったところだけインプラントをするのではなく、4本または6本で全体のバランスを取ることができますし、見た目も自然なので入れ歯にしたくないという方にもおすすめです。
最先端の術式ですのでインプラントセンターなど臨床例が豊富なクリニックで手術をすることをお勧めします。