審美歯科で可能な歯を白くする方法

虫歯や歯周病などを治療するだけではなく、見た目の美しさを加味した治療を行っているのが、審美歯科です。
美容を目的とした診療が中心となるため、一般的な歯科と比べて診療費が高額です。

口元の美しさを左右するのが、歯並び、歯の大きさ・形、歯の色です。
中でも、白い歯を希望する人は多く、美容目的のホワイトニング治療は、審美歯科で人気があります。
ホワイトニング治療はいくつかの方法があり、どのような見た目を希望するかによって、選ぶことができます。

ステインによる歯の黄ばみや黒ずみをなくして、元の自然な白さに戻したい場合は、クリーニングが適しています。
ステインは、食べ物や飲み物、タバコなどの汚れが歯の表面にこびりついたものです。
通常の歯磨きでは落とすことができないので、日頃から美白成分が入った歯磨きを使い、色素の沈着を防ぐことが大切です。
しかしながら、こびりついた着色汚れはセルフケアだけでは落とすのが難しいため、審美歯科で定期的にクリーニングをしてもらうときれいになります。

クリーニングは、歯科衛生士が専用の器具を用いて、歯石やステインを落とします。
歯の表面と歯の間も丁寧に磨くので、ツルツルの白い歯になりますし、歯周病や虫歯予防にもなります。

歯が黄ばんで見える原因には、加齢によって歯の内側の象牙質が黄色くなることも挙げられます。
象牙質を覆っているエナメル質も薄くなるため、象牙質の黄ばみが透けて見えます。
象牙質も白くしたい場合は、薬剤を使ったホワイトニングが効果的です。

審美歯科で行うオフィスホワイトニングでは、まずクリーニングを行い、きれいな状態の歯にします。
その後、薬剤を歯に塗り、レーザーやLEDを照射して、エナメル質と象牙質の色素を白くします。
数回通院すると、美しい白さを持つ歯になります。

銀歯や薬剤によって変色している歯は、クリーニングやホワイトニングでは白くなりません。
その場合は、ラミネートべニアを貼る、セラミックをかぶせる、メタルボンドなどで詰め替えるなどの方法があります。

ラミネートべニアは、白くしたい歯の表面を削り、薄いセラミック素材を貼り付けます。
歯の隙間も修正できるので、歯並びを整えることもできます。
セラミックは、金属が使われていないので、アレルギー体質の人に安心です。
様々な色調があり、好みの白さを選ぶことができます。
メタルボンドは、外はセラミックで中は金属でできています。
セラミックと比べると、審美性は劣りますが、強度があり、変色もしづらいので、よく使われています。