矯正でワイヤーはもう古い!?インビザラインとは

従来の歯列矯正の治療は金属のワイヤーを用いて歯を移動させる方法が主流でした。
しかし、この歯列矯正にはワイヤーによる痛みが伴うことが多く、治療中は見た目にも影響を与える事から躊躇う患者も多かったのです。
最新の矯正治療として広く普及しているインビザラインは歯の表面に金属ワイヤーを通す従来の治療とは異なり、無痛の治療法となります。

最新の歯列矯正の治療として注目されているのがインビザラインです。
これまでの歯列を整える治療とインビザラインの違いは器具の形状にあります。
インビザラインは透明のマウスピース状の器具を装着し、乱れた歯列を移動させるのです。
そして、この装置のメリットとしては患者本人で取外しができるという点にも見受けられます。
その為、メンテナンスが簡単で快適な治療の継続が可能になるのです。

インビザラインの大きな特徴としてはマウスピースの色です。
これは透明な素材で作られているので目立たず、他人に気づかれる心配がありません。
従来の治療法では金属製のワイヤーが目立ち、接客業などで顧客と接する機会が多い方にはデメリットの多いものとされました。
東京や横浜近辺の様な人の多い街にて、接客業で働く場合は人目が気になって仕方ありません。
女性にとって歯列矯正中ということを知られないのは嬉しいことです。
しかし、インビザラインは無色透明なので装着していることが外見からでは分かりづらいのです。
その結果、仕事の都合上で矯正治療を諦めていた方も歯列の乱れを改善する事が出来るようになっています。

さらに、この新たに普及し始めた歯列矯正の治療は食事にも大きなメリットをもたらします。
ワイヤー式の器具は咀嚼の際に邪魔になることがあり、食物がワイヤーに挟まるなどの不具合がありました。
また、食材によっては歯に痛みを感じたり、器具に大きな負担が掛かり外れてしまうような事もあったのです。
しかし、インビザラインは衝撃に対して柔軟に対応できる素材であるために無痛で、尚且つ取り外しができるので食事中のトラブルを回避することができます。

そして、インビザラインのメリットは装着が分かりづらいというだけではありません。
これは広い範囲の歯列を整える事が出来るので、前歯に特化したアライナーとは異なる性質を持ちます。
そして、インビザラインは衛生面でも優れた特性を持つ治療法で、取外しが可能なために毎日の歯磨きが簡単にできるのです。
また、マウスピースは個々で洗えるので清潔に保つ事ができます。
このことから口腔内の衛生環境を維持して治療期間中の虫歯や歯周病を予防できます。
せっかく歯列を整えても口腔内の衛生環境が乱れると新たな治療が必要になるので、インビザラインは治療の痛みを回避できるものとなります。

もし歯列矯正を考えているなら横浜でインビザラインをすることをおすすめします。
東京在住の方は電車一本で来れますし、何より歯列矯正していることを知られたくないなら少し離れた場所にある方が安心です。
インビザラインを行う技術力の高い歯医者も多くいる街ですので安心して歯列矯正治療を行えます。
気になる方は一度来院して相談してみると良いでしょう。