輪郭が細くなる?矯正歯科の意外な効果とは

矯正歯科では悪い歯並びを治すことができますが、治療の結果、小顔になる効果があり、美容にもメリットがあります。
歯列矯正の本来の目的は噛み合わせの改善ですが、噛み合わせの改善により、本来の健康的な咀嚼ができるようになります。
今まで使っていた無駄な筋肉が落ち、フェイスラインが自然な形に落ち着きます。
その結果としての小顔は、ダイエットを行ったような印象を与えます。

矯正歯科で行う歯列矯正によりフェイスラインが改善され、自然な形の輪郭形成がなされるのは、当然のことです。
本来持っている骨格の美しさが、歯列矯正によって蘇るからです。
矯正歯科の目的は、あくまでも悪い噛み合わせを治すことですが、そのことにより、結果として美容効果がもたらされます。
歯並びが悪い状態での咀嚼では、あごの筋肉に負担がかかります。
そのため、顔が角ばったり、あごが張る、頬がふっくらなどの状態が日常化します。
しかし、その姿が本来の姿ではありません。

歯並びが悪くなる原因はいろいろ考えられます。
先天的なものや、両親の骨格の不釣合い、母親の妊娠中のすごし方がかかわっている場合があります。
後天的な理由では、乳歯から永久歯への抜け替わりがうまくいかず、永久歯が本来ある位置に生えてこなかったことが考えられます。
やわらかい食べ物ばかりを食べていたことによって、本来の歯並びが維持できないこともあります。
いずれにしても、悪い歯並びは、本来あるべき位置に歯が無い状態にあります。
そのことによりフェイスラインが崩れ、本来の外形的な美しさが現れていないことは不幸なことです。

矯正歯科では美容を目的としたブライダル矯正を行っています。
結婚は人生の一大イベントなので、特に女性はその時を最高の状態で臨みたいと考えるのは当然なことです。
ブライダル以外でも、成人式や就職時の面接など、フェイスラインを整えて臨みたい行事はあります。
そのような時は、ブライダル矯正が役に立ちます。
ブライダル矯正は式や行事の半年前には治療を始める必要があります。
その時期になったら、矯正歯科で相談する必要があります。

矯正歯科を探す必要が出てきた場合は、東京の矯正歯科へ行きましょう。
人口の多い東京ですから治療設備、環境、治療方法が最新の場合が多いのでスムーズに行えるでしょう。

歯列矯正では歯並びの改善のために、歯の一部を抜歯することがあります。
歯を動かす余地の無い場合にその措置がとられ、最低限の抜歯が行われます。
抜歯で空いたスペースに少しずつ歯を移動し、あごの大きさに合った歯並びをつくりあげます。
歯並びが本来の位置に納まったことで、その人の本来あるべき美しさが引き出され、きれいになります。